www.travel-Parma-HP.com does use cookies to store information about visitors preferences, record user-specific information on which pages the user access or visit, customize Web page content based on visitors browser type or other information that the visitor sends via their browser.

です。長さ約3メートル、高さ1.38メートルあるこの彫刻は、ローマ国家が土地所有者に貸し付けしたローンを記したものです。金銭的支援で農業活動を増やし、田舎の人口減少に歯止めをかけ、貧しい家庭を助けることで、将来の兵士や農民になる人材の確保をするという目的でした。 また、貴重なエジプト、ギリシャ、エトルリアの出土品も保管しています。青銅器時代のテラマーレ文明についての展示品もあります。

塔は130メートルの高さを誇りましたが、基礎の施工が不十分であったため1606年に崩壊しました。

左の2番目のカペラ(礼拝堂)には馬が描かれています。馬を完全に描写するのに十分なスペースがなく、作者はひづめ部分を別に描き、配置したため、結果として立体的な作品になりました。

古代ローマ人は優秀なエンジニアと建築家でした。橋は頑丈で崩壊することはありませんでした。1177年、洪水により小川の流れが西へと変化し、今までの場所は、乾燥した場所になりました。 したがって、新しい橋が建設されました。

30年ほど前にアルゼンチンの作家であるホルヘ・ルイス・ボルヘスと会った時から、迷路を作ることを夢見ていました。迷路は、彼のお気に入りの作品テーマの1つであり、私は竹が好きでした。そして、人々が危険なく迷子になれる庭が誕生しました。」

ジュゼッペ・ヴェルディは、本当に素晴らしい作曲家であったことから、皆に愛されました。それを表すように、ある料理の名前は彼に因んだものです。名前は「ヴェルディのリゾット」と呼ばれています。   晩年、ジュゼッペ・ヴェルディの体調は優れず、そんな彼を町の人達は気遣い、彼の家の近くのマンゾーニ通りに藁を敷き詰めました。これは外を走る馬車がうるさくないようにとの配慮によるものです。ジュゼッペ・ヴェルディは質素なお葬式を望んだことから、遺族は彼が亡くなったことをだれにも伝えませんでしたが、町の人々は彼が亡くなったことを知っていました。イタリア国民は彼を愛していたことから、後に二回目の葬式を盛大に行いました。

現在、フェリーノ城は、パルマの食品博物館のサラミ博物館として使われています。

 この部屋は多くの監督に映画の撮影で使用されました。

1593年に美しく優しい少女ファタ・べマが、魔法を勉強するためにモンテキアルゴロ城を訪れました。ある日、パルマの公爵のラヌッチョ・ファルネーゼは彼女を一目で気に入りました。しかし、彼女は別の男性のピオ・トレッリが好きだったことから、ファルネーゼは相手にされず、そのことにひどく怒り、彼女の恋人が国の裏切り者と決めつけ、ピオ・トレッリを死刑に処しました。また、ファタ・べマについても、彼女の美しさと自分が彼女に惹かれたのは全部魔法のせいであるとし、彼女を逮捕し、1612年5月19日の夜に死刑にしました。 伝説によると、毎年5月19日の夜にファタ・べマの幽霊はこの城の上を飛びまわっていると言われています。

 この素晴らしい宮殿を所有しているだけで罪とも思える、美しいバーバラ・サンセヴェリーノでしたが、後に王国を占領したラヌッチョ・ファルネーゼによって不当に告発され、投獄され、斬首されました。

また、現在、城内には博物館がいくつか設けられています。  この城には、いくつかの伝説があります。貧しい男性のモロエッロは、バルディ城の姫であるソレステに好意を寄せ、彼女もまた、彼に好意を寄せるようになりました。彼は酷く貧しく、そのような中でソレステの父に許しをもらうため、騎士として戦争へ行きました。戦争に勝ち、敵の服を着て町に帰ったところ、城の窓からそれを見たソレステは、モロエッロが死んでしまったと思い、窓から飛び降りました。この出来事でモロエッロは、最愛の人がいない人生は耐えられないと思い、彼もまた自殺してしまったのです。そして、今でもソレステの幽霊はこの城に住んでいて、愛するモロエッロを探していると言われています。近年、記者が白い女性の姿の幽霊を写真に収めました。

パルマの歴史

前史

最初に人々がこの地方に定住し始めたのは、紀元前5600年からと言われています。その証拠に市の南西部で新石器時代の珍しい置物が発見されました。今はこの置物は国立考古学博物館にあります。

青銅器時代、紀元前1700年から1600年の間、この地方にテラマーレ文明が築かれていましたが、紀元前1200年頃には消滅しました。

その後、紀元前6世紀まで、この都市には誰も住んでいなかったようです。そして、紀元前6世紀からはここにエトルリア人が住み、紀元前4世紀にこの地をケルト人が占領しました。

ローマ時代

元前3世紀頃のローマ帝国は大変力を持つ国で、ケルト人と戦って、結果、この地方を占領しました。この地方はイタリアとガリアの間の軍事基地になりました。マルクス・アエミリウス・レピドゥス(古代ローマの政治家・軍人)が指揮をとり、紀元前175年にリミニとピアチェンツァを繋ぐ道が作られました。そして、この道は彼の名前がつけられ、アエミリア通りと呼ばれています。それと同時に、この地方もアエミリアと呼ぶことにしました。それから2年後、更に二つの大きい道が作られました。紀元前173年に作られた今も、この二つの道は残っています。

アエミリア地方は直角の道路を備えた古典的なローマの都市計画に従い整備されました。多くの道はアエミリア通りに繋がっています。

ローマ時代には多くの建物と記念碑が建てられました。例えば、アンフィテアトルム(闘技場)、劇場、浴場、バジリカ(木造天井で覆われたホールを備えた古代建築様式の一つを利用した建築物)、教会、そして、アエミリアの石で建てられた橋(ローマ橋)などです。

1世紀はアエミリアが一番栄えた頃でしたが、その後は徐々に衰退していきました。そして、540年にこの地方は東ローマ帝国の帝王のユスティニアヌス1世が支配することになり、550年ぐらいからはこの町は、クリゾポリ(金の町)と呼ばれるようになりました。

中世

パルマは長い間、多くの戦いの舞台になりました。その結果、この地方はランゴバルド人、フランク人、ローマの帝王が住んでいたことになります。

10-11世紀、この地方にトスカーナ女伯のマティルデ・ディ・カノッサが住んでいました。パルマは自由な自治体で、周りの地方にも大きく影響を与える存在でした。そんなパルマには962年、イタリアで最も古い大学が建てられました。

1247年7月2日には、神聖ローマ皇帝のフリードリヒ2世がこの町を包囲しました。彼はパルマに新しい町を開こうと考えていました。これに対し、男性だけでなく、女性も町を守ろうと抵抗しました。その結果、1248年2月18日、ついに皇帝の軍隊は敗れ、パルマの人々が勝利を収めました。

現代

1545年にパルマの領主のパウルス3世ファルネーゼはこの地方にパルマ・エ・ピアチェンツァ公国を作り、この公国はイタリアの統合までずっと残っていました。 その後、1797年に町はナポレオン・ボナパルトの軍隊に占領されました。この時、公国にグアスタッラも加わりました。そして、この公国の領主に1815年から1847年までナポレオンの元奥さんのマリア・ルイーザが就きました(マリア・ルイーザが亡くなるまで)。マリアの死後、パルマの領主はボルボーネの家族に戻りました。しかし、1860年にパルマはイタリア王国のものになったと言われています(そう言われていますが、100パーセントの証明はありません) 300年間もの長い間、都だったパルマには、美しい宮殿、宮廷、城、劇場、図書館、庭園が数多く残っています。是非、パルマを訪れ、ご自身の目で確かめてください。お待ちしております。

パルマ

鉄道駅

ここは街の散策を始めるのにはベストと言えるでしょう。 駅から街の中心部に向かうには、ガリバルディ通りを行くのがオススメです。ここはパルミジャーネの店や衣料品店、グルメショップが並ぶ最も賑やかなショッピングストリートの1つです。

パーチェ広場

かつて都市の中心部には宮殿、教会、劇場がありました。先の第二次世界大戦で失われてしまったものもありますが、現在でも重要な歴史的モニュメントとして存在しています。この近くにギアイア市場もあります。 広場には、オペラ作曲家のジュゼッペ・ヴェルディに捧げられた大きな記念碑があります。 記念碑は1944年に爆撃の影響を大きく受けてしまい、彼の作品のキャラクターを描いた28の彫像のうち、ロッカビアンカ劇場で残っているのは9つだけです。

パラッツォ・デッラ・ピロッタ

1580年頃にファルネーゼによって建てられたピロッタ宮殿は、裁判所として使われていた建物と巨大な庭で構成されています。現在はパラティーナ図書館、ファルネーゼ劇場、国立美術館、考古学博物館があります。

  • 営業日:
    • 火曜日から土曜日8.30-19.00
    • 日曜日と週末:8.30-14.00
  • 価格:
    • フル:€10.00含む
      (パラッツォデッラピロッタ、テアトロファルネーゼ、博物館考古学)
    • 割引:€2,00
    • グループの場合:€8.00
    • 10月から3月まで1°無料

ファルネーゼ劇場

通常の劇場は入ると下に客席が広がっているのに対し、この劇場は高い階段を上ったところに、座席が広がっています。 劇場は大きな木造建築物で、海戦をテーマとした劇では約3,000人の観客を収容しました。 劇場各所は彫刻で複雑に装飾されているのに加え、広いことから、迷ってしまうかもしれません。

  • 営業日:
    • 火曜日から土曜日8.30-19.00
    • 日曜日と週末:8.30-14.00
  • 価格:
    • フル:€10.00含む
      (パラッツォデッラピロッタ、テアトロファルネーゼ、博物館考古学)
    • 割引:€2,00
    • グループの場合:€8.00
    • 10月から3月まで1°無料

パラティーナ図書館

18世紀半ばで、啓蒙の全盛期にあったボルボーネは、パルマ、ピアチェンツァ、およびグアスタッラ公国に大きな公共図書館を設置したいと考えていました。 この素晴らしい場所には、古代の木製の棚に写本や公爵の素晴らしい資料が保管されています。

  • 営業日:
    • 火曜日から土曜日8.30-19.00
    • 日曜日と週末:8.30-14.00
  • 価格:
    • フル:€10.00含む
      (パラッツォデッラピロッタ、テアトロファルネーゼ、博物館考古学)
    • 割引:€2,00
    • グループの場合:€8.00
    • 10月から3月まで1°無料

国立考古学博物館

博物館は1760年にフィリップ・ディ・ボルボーネによって、古代ローマの街、ヴェレイアの出土品を保存するために設立されました。中でも注目したいのが、トラヤヌス帝の時代からの大きな青銅の碑文であるタブラ・アリメンタリア

面白いです
  • 営業日:
    • 火曜日から土曜日8.30-19.00
    • 日曜日と週末:8.30-14.00
  • 価格:
    • フル:€10.00含む
      (パラッツォデッラピロッタ、テアトロファルネーゼ、博物館考古学)
    • 割引:€2,00
    • グループの場合:€8.00
    • 10月から3月まで1°無料

ボドニアーノ美術館

タイポグラフィアートを愛する人は、この美術館でジャンバッティスタ・ボドニ(Giambattista Bodoni)の作品を楽しむことができます。 このコレクションは、世界中で知られ、高く評価されている彼の名前を冠したラテン文字のセリフ行書体である「ボドニ」についてのもの、フォント作成に使用するパンチ器具などを展示しています。

  • 営業日:
    • 月曜日から金曜日9.00-13.00(要リクエスト)
    • 土:9.00-13.00日:休み:
  • 価格:
    • 無料

フォンダツィオーネ・ムゼオ・グラウコ・ロンバルディ

この博物館にたどり着いた人は、ナポレオンの二番目の妻であるマリア・ルイーザ・ダスブルゴについて深く知ることができるでしょう。 彼女は1815年以降、パルマ、ピアチェンツァ、およびグアスタッラ公国に30年以上にわたって君臨していました。 豪華なドレス、貴重な宝石、身の回り品を鑑賞できます。

  • 営業日:
    • 火曜日から土曜日9.30-16.00
    • 日曜日と週末:9.30-19.00
  • 価格:
    • フル::€5
    • 削減:3.00ユーロ
    • まで:14年間無料

サン・パウロの部屋

ベネディクト会修道院の院長であり、幅広い文化に関心を持つ女性であるジョヴァンナ・ダ・ピアチェンツァは、この部屋にアントニオ・アレグリ・コレッジョの壁画が欲しいと考えていました。彼は独特な傘のような天井壁画を完成させ、後に彼の代表的な作品となりました。

  • 営業日:
    • 月曜日から土曜日10/13 / 18.20
    • 日曜日:休み:
  • 価格:
    • フル::€6
    • 18〜25歳:€2,00
    • まで:18年間無料

パルマ王立劇場

ここに集まる聴衆は歌手、演者に非常に高いレベルが求められた為、この劇場で通用すれば、どこで歌うことも、演じることもできると言われたほどの場でした。この劇場建設は、偉大な音楽愛好家の公爵夫人マリア・ルイーザに任されました。マリア・ルイーザは、建築家ニコラ・ベットリに依頼しました。よってその実施にちなんで名付けられました。 インテリアはスタッコ成形で装飾され、ジョヴァン・バティスタ・ボルゲシによる素晴らしい幕が見所です。 ここでは、街で誰からも愛されるであるジュゼッペ・ヴェルディを含む、イタリアおよび外国の偉大な作曲家が利用しました。

  • 営業日:
    • 火曜日から土曜日9.30–12.30 14.30–17.30
    • 日曜日:10.00-16.00
  • 価格:
    • フル:€5
    • 特恵:18〜30歳€3.00
    • 特恵:6〜18歳€2.00
    • 6歳未満:無料

サンタ・マリア・デッラ・ステッカータ教会

イタリアのルネサンスの代表的な教会です。 パルミジャニーノの最後の仕事でもあるフレスコ画「賢明な処女と不合理な処女」と、カノヴァのナッパーグに捧げられた記念碑があります。 建物の外にある聖母のフレスコ画を見るため連日多くの人が訪れたため、混雑を回避するためにフェンスがあります。外壁に描かれている聖母に多くの人が頭を下げました。

  • 営業日:
    • 毎日7.30から12.00まで15.00から18.30

ガリバルディ広場

ここは多くのバーやレストランが点在し、待ち合わせ場所として利用される街の中心部です。 この広場は紀元前183年に整備されました。広場の周りにある建物は素晴らしく、聖ペテロ教会、知事公舎、公立の宮殿を鑑賞することができます。 ペテロ教会、知事の宮殿、市の宮殿、とうもろこし市場、イタリアで一番高いタワーもありました。

面白いです

パルマ洗礼堂

八角形の洗礼堂で、ヴェローナ地方で特別に採取された繊細なピンクの大理石を使用された外観は明るくエレガントな装いです。時間や季節により変化する光は洗礼堂を見る人に、暖かくも、柔らかくも、冷たくも、様々な印象を与えてくれます。 1196年の建築家ベネデット・アンテラミはロマネスク様式とゴシック様式を取り入れました。しかし、パルマ地方とヴェローナ地方で対立があったことから、完成まで長い年月を要し、1270年に完成しました。 最近修復されたアンテラミ作成のレリーズ「ズーフォロ」は、人物、実在する動物、架空の動物が天井のアーチ部分に取り入れられています。 インテリアには、フレスコ画、絵画、彫刻などが豊富にあり、有名な彫刻「月のサイクル(Il ciclo dei mesi)」があります。ドーム部分は、傘のように中心から16に分かられています。中央には大きなお風呂があり、当時洗礼のために使用されていました。 また、使用された大理石は、ポー川から始まり枝流を利用し、ボートで建設現場の近くに届けられました。

  • 営業日:
    • 毎日9.30から18.30
  • 価格:
    • フル:€8
    • 特恵:65歳以上のグループ6.00ユーロ
    • 削減:学校向け€2.00
    • 12歳未満:無料
    • 5人以上のグループには2€の音声ガイドが必要です

大聖堂

1106年に聖化され、ロマネスク様式の優れた建築物です。正面に3つのアーチがあります。中央のアーチは、淡いピンクの大理石で造られています。内部には3つの身廊(入り口から主祭壇に向かう通路)があり、美しいフレスコ画で装飾されています。コレッジョによって描かれたこのフレスコ画は、聖母マリアの被昇天です。また、ベネデット・アンテラミにより1178年に描かれた「十字架からの降下(Discesa dalla croce)」も魅力的な作品です。

  • 営業日:
    • 毎日8:00 alle 19:00から
  • 価格:
    • 無料

神学者聖ヨハネ修道院

ルネサンス時代においてこの大修道院は宗教的なものだけではなく、経済的にも重要なものでした。修道会のベネディクト派と信徒のレーマンを合わせると1200人以上の人に利用されました。現在は僧侶の人のみが使用しています。 教会は、16世紀の建築と装飾の模範となる建物です。大変に価値のある作品をコレッジョドームを鑑賞できます。大修道院内には、壮大な図書館、歴史的な修道院、現在でも作物栽培に使用される広大な菜園があります。

面白いです
  • 営業日:
    • 毎日8.30から11.45まで15.00から18.00
  • 価格:
    • 無料

聖アンソニー・アバテ教会

この教会はサンセコンド伯爵である、ピア・マリア・デ・ロッシの墓碑を刻むために建てられました。 15世紀初頭に建築家ビビエナによって建てられた、この教会のバロック様式のインテリアは、本当に優雅で素晴らしく、晴れた日の天井の装飾は無限の世界が広がっているような錯覚を作り出します。

  • 営業日:
    • 毎日9.00から12.00まで、16.00から18.00
  • 価格:
    • 無料

ローマ橋

石造りのこの橋は、紀元前187年に都市が設立されて以来、重要なローマの動脈であるアエミリア通りに行くことができました。 現在も見ることができるのは2つのアーチ部分のみです。そこからはギアイア広場を見ることができます。 他の橋の部分の九つはマジーニ街の下に眠っています。

面白いです

サンタ・クローチェ教会

12世紀初めの数十年のうち、歴史的な町の郊外にあるフランチェージナ通りに建てられました。教会は現代まで何度か修復されています。中央身廊には17世紀のフレスコ画、祭壇には16世紀から17世紀のものが残っています。

ドゥカーレ公園

建設のアイデアは、オッタヴィオ・ファルネーゼによるもので、1561年に公園は設置されました。長いことこの公園は素晴らしいものでしたが、時間の流れと共に美しさは失われていきました。その後、1749年にフィリッポ・ディ・ボルボーネの命令により再建されました。 この事業を請け負ったのが建築家エネモンド・アレクサンドル・プチェットで新古典主義様式が取り入れられました。 この公園には大きな卵形の池があります。豊かな水源を利用し、ナウマチと言う水中劇を見せるために池の中心には島が設けられています。

  • 営業日:
    • 11月から3月まで7.00から20.00
    • 4月から10月まで6.00から24.00

フランコ・マリア・リッチの迷路

 非常に成功したデザイナーであり、画家パルメジャーニーノのファンであるフランコ・マリア・リッチは、16世紀からの作品を展示する場を作ることを長年夢見ていました。そこは、展覧会、コンサート、フェスティバル等の文化的なイベントも行うことができるとともに、レストランとカフェも備える複合施設となりました。それと同時に、面積7ヘクタールにおよぶ、20万本の竹で作られた幻想的で巨大な世界最大の迷路でもあります。   フランコ・マリア・リッチはこう述べています。

面白いです
  • 営業日: 毎日10.30から19.00 Wまで
  • 価格:
    • € 18
    • 6年から12年€10
    • 6歳未満:無料

ロッカ・ディ・フォンタネッラート(ラロッカ・サン・ヴィターレ)

16世紀に建てられたこの要塞は、郊外にあり、水に囲まれているのが印象的です。度重なる修復の後、要塞はサン・ヴィターレ一族の第二の城に選ばれました。サン・ヴィターレは、約6世紀にもわたって、この城を所有し、その後自治体の管理に移されました。城の内部は、よく保存され、家具も当時のままです。画家パルミジャーニーノが部屋に描いた神話「ダイアナとアクテオン」は、イタリアのマニエリスムの傑作の1つです。要塞には「暗い部屋」と呼ばれる古代のカメラ「カメラ・オブスクラ」もあり、現在でも機能します。これはレンズとプリズムを利用したシステムであり、これを利用し城内から外を見ることが可能になりました。

  • 営業日: 毎日10.30から11.45-14.30-15.45-17.00まで
  • 価格:
    • 価格:€18
    • 減額:6年から12年€10
    • 6歳未満:無料

サン・セコンド

現在、豪華な田舎の邸宅のようにも見える、1385年に建てられたこの城は、実際には要塞化された城でした。16世紀のイタリアにおいてミラノ地方を支配したスフォルツァ家は何度かここに攻め入りましたが、少なくとも2回敗れました。 その後、この城は要塞としての役割を終え、マリア・デ・ロッシによって改築され、美しく装飾されました。 ホールには絵画「金色のロバ」や「ロッシ情勢」が飾られ、城内のロジア(バルコニーの一種)、メイン階段など見る価値のあるものが多くあります。

  • 価格:
    • フル€6
    • 11年から18年€3.50
    • 6-10歳未満:2.50ユーロ

ブッセートとオペラ作曲家ジュゼッペ・ヴェルディの関係

ブッセートは、パラヴィチーノ一族が力を持って、約7千人の住民が暮らしていた古都です。この地域は「ブッセート白鳥」とも呼ばれました。この地は、作曲家のジュゼッペ・ヴェルディが生まれたことで有名です。  是非訪れてほしい名所の一つが、ジュゼッペ・ヴェルディがオペラを発表した劇場を併設する城、パラヴィチーノです。その城の劇場以外の部分は、市役所として使われています。聖ワルフォロメイの教会も、多くの宝物を見ることができる素晴らしい場所です。  1518年に建てられたヴィラ・パラヴィチーノは、ジュゼッペ・ヴェルディが住んでいたことでも知られ、この場所は、2009年にジュゼッペ・ヴェルディ国立博物館とレナータテバルディ博物館に改築されました。  パルマ近郊にある、ロンコールの地方には、作曲家ジュゼッペ・ヴェルディが子供の時に住んでいた家があります。その家の近くに著名な作家で記者であるジョバンニノ・グアレスキが住んでいました。ジョバンニノ・グアレスキの最も有名な作品は「ドン・カミーロとペッポーネ」のシリーズです。当初、ジュゼッペ・ヴェルディは妻のジュゼッピーナ・ストレッポーニと共にブッセートに住んでいましたが、後にヴィラ・サント・アガタに引っ越しました。  このヴィラは、ジュゼッペ・ヴェルディの死後、彼の博物館となりました。ここから数キロ行ったところに、ポレジーヌ・パルメンセ地方があります。ここはコラテッロ(パルマの一番有名なハム)博物館があります。

面白いです

フェリーノ城

 この城は、中世の塔が多数ある古代の要塞化された城でした。何度か攻め入られたことがありましたが、ロッシ家から依頼された強固な造りは、決してそれを許しませんでした。 跳ね橋を備えた一つの入り口しかなく、強固に作られた4つの塔を備えた四角形の建築物です。

面白いです
  • 営業日: 土と日10.00 -13.00 15.00から18.00

トレキアラの城

力強く煌びやかに建つこの城は、パルマ郊外、ランギラーノの丘のふもとにあります。ここは、パルマハムの生産地で最も有名な場所の一つです。城主は、ピエール・マリア・デ・ロッシで、国防のための要塞として建てられましたが、実際は、伯爵が愛人ビアンカ・ペレグリーニと一緒に暮らすために選ばれた邸宅でした。この城の最も特徴的な場所は、「金色(こんじき)の部屋」で、金箔で装飾された壁にちなんで名付けられています。

面白いです
  • 営業日: 月〜土8.10-13.50 火曜日10 am-7pm
  • 価格:
    • フル€5
    • 特恵:18〜25歳€3

モンテキアルゴロ城

 ヴァルデンザ山に建つこの城は要塞でもあり、1121年頃に建設されましたが、その後、数世紀にわたって破壊と再建を繰り返し、再建されるごとに当時の様式が取り入れられました。この城を当時の著名人であるフランス王フランシス1世と教皇パウロ3世ファルネーゼが訪れたことがあります。また、マリア・ルイーザ公爵夫人は、城を火薬工場として使用しました。現在も残る、装飾された美しいインテリアルームはアンティークで、16世紀の住居の例です。 この城にも伝説があります。

面白いです
  • 営業日: 土と日10.00 -12.00 15.00から18.00

コロノ公爵宮殿

パルマ公爵のイタリアのベルサイユともいわれる、コロノのドゥカーレ宮殿は、14世紀に国防を目的に建てられた要塞を改築したものです。所有者のバーバラ・サンセヴェリーノは、美しい庭園がある完璧な宮殿に変えました。  その後、宮殿はファルネーゼのものとなり、18世紀初頭の様式で改築され、それは現在でもその姿を保っています。現在も宮殿は400もの部屋を要し、美しく保存された庭園や中庭を訪れることができます。

面白いです
  • 営業日:
    • 12月-2月:土曜日と日曜日10.00-17.00
    • 3月〜11月:火〜金11.00および15.00
    • 4月。 3月、9月。 10月:月曜日から金曜日の午前10時と午後4時30分
    • 土曜日:10.00-18.00
    • 6月-8月:火-金11.00および16.00
    • 土曜日:10.00-17.00
  • 価格:
    • フル€6
    • 減額:7年から18年€5.5

バルディ城

元々この地には、9世紀初頭にランゴバルト人が住んでいました。そして渓谷にあるこの城は、他の城と同じく要塞でもあったため、多くの壮絶な戦いがこの地で起こりました。様々な戦いを想定したこの建物は堅牢で、1600年代には王室の邸宅として使われることになりました。城の高いところから城に繫がる道を見ると、息を呑むような景色を楽しむことができます。

面白いです
  • 営業日:
    • 3月-5月:土曜日2.00pm-5.00pm
    • 6月-9月:土10.00および19.00
    • 10月から12月:土曜日2.00pm-5.00pm
  • 価格:
    • フル€6
    • 削減:7年から13年€3.5